カテゴリ:   warframe
タグ:

warframeは基本どの武器でも愛を注げばある程度の運用には耐えられるんだけど、それでも強武器が欲しいんです(´・ω・`)!!!っていう人のために個人的な強武器リストと考え方を載せておく。

とりあえずプライマリだけね。セカンダリはまた暇があったら。 

異論は認める。

■強い武器とは何か

そもそも強い武器とは。

脳死で雑魚を薙ぎ払える武器がいいのか、使い勝手がよくてある程度高レベルまで捌ける武器がいいのか、長時間耐久に向いた武器がいいのか、など

定義は諸々あると思うんだけど、warframeでは一般的に「強武器」とは3番目の長時間耐久をこなせる武器の事を指すことが多い。

※何故ならどの武器でも育てて使い慣れれば脳死で雑魚を薙ぎ払えたりするし、ある程度高レベル(T4S40m~60m目安)は捌ける事も多いから。



■長時間耐久に向いた武器とは何か?攻撃力について考える

そもそも論的な話をすると、武器の存在意義とは「敵を倒すこと」に尽きるわけで、敵を倒せる武器=強武器であるっていう認識で概ね合ってる

仮に10秒に10匹の敵が出現するとして、1秒1匹ペースで倒せる武器なら完全に捌ききれるし、2秒に1匹しか倒せない武器なら裁ききれずに押しつぶされるってわけ。

なので、ここで指標として登場するのがDPS(damage per sec / 秒間攻撃力)という数値になるんだけど、

とりあえず一旦ややこしい式は忘れて、

弾1発の攻撃力 × 秒間連射速度 = DPS と考えてみる。

つまり攻撃力10の弾を1秒に10発撃てるならその銃のDPSは100というような考え方。


■クリティカル武器が強いと言われる理由は何か

前述のDPS、つまり武器の攻撃力の高い武器が強いっていうのはなんとなく分かると思うんだけど、

warframeでは敵に与えるダメージで重要な要素を占めるのがクリティカルヘッドショットの概念。



このゲームでは、クリティカルヒットによるダメージボーナスヘッドショットによるダメージボーナス以外にも

クリティカルとヘッドショットが同時発動した際に得られる、通称クリHSボーナスが存在していて、

・クリティカルの倍率は武器に依存する倍率
・HSダメージは一律2倍
・クリHSボーナスも一律2倍

のボーナスがかかるようになっている

つまり、クリティカル倍率2倍の武器でクリHSを叩き込めば、2×2×2=8倍のダメージボーナスが得られる仕様なわけ。


ここで前述のDPSと併せて考えてみると、

例えば下記の武器があったとする。
・弾一発あたりの攻撃力 10
・秒間連射速度 10
・クリティカル率 0%


この武器のDPSはざっくり10×10で100。

クリティカルが出ない武器なので、全弾ヘッドショットさせても2倍ボーナスが天井

つまりDPSは200が最高値になる


そしてもう一つ次の武器を考えてみる

・弾一発あたりの攻撃力 10
・秒間連射速度 3
・クリティカル率 100%
・クリティカル倍率 3倍

この武器のDPSはざっくり10×3で30にしかならず、表記上の攻撃力だけで見ると上の例の武器よりも弱く感じる。

ただしクリティカルヒットが確定で狙えるため、クリティカル倍率の3倍をかけてまず90

さらにHSを当て続ければ×2の180、さらにクリHS同時ボーナスで×2の実に360までDPSが跳ね上がることになる

パッと見の攻撃力×弾数では1/3以下の攻撃力しか持たない後者だが、クリHSを考慮すると大幅に上回っていることがわかる

クリティカルが狙えない基礎ダメージ値が高いだけの武器(Boltor Primeなど)ではダメージの天井が低く、高レベルの敵を捌くには向いていないと言われているのはこの仕様が大きい。



■弾持ちを考える

ここまでで、じゃあ要するにクリ率が高くでDPS高ければいいんでしょ?っていうのは分かってもらえたと思うけど、

ここからは経戦能力、いわゆる弾持ちについて考えてみる

ここでいう弾持ちとは、全弾打ち切るまでに倒せる敵の数を指す。


これはもう単純な話で、例えばクリティカルもろもろ込みで、

Aは単発50ダメージの秒間20連射でDPSは1000
Bは単発200ダメージの秒間4連射でDPSは800

という武器AとBがあったとする。所持弾数はどちらも540発。

クリ込のDPSだけでみるとAの武器の方が強そうに見えます。 

さてここでHP2000の敵と大量に戦うと想定してみます。

この場合、Aの武器は40発打ち込めば倒せるため、540発の全弾数を使い切るまでに13匹の敵が倒せ、14匹目で息切れを起こします

Bの武器は10発打ち込めば倒せるため、540発の全弾数を使い切るまでに54匹の敵が倒せる計算になります

さすがにこれは明確にBの方が強いっていうのはわかってもらえるかと思います。


フルオートライフルやAmprex等の消費が激しい武器が長時間に向かない理由の一つはこれです。

後半の敵はSOMAやGRAKATA、ボルプラ等では1マガジン撃ち込んで1匹倒せないとかいう状況も出てくるため、

そうなるともはや消費弾数と補給弾数の関係は破綻してしまっていて、

ギアを大量に使って打ち続けるしかない状況になってしまいます。

ギアは性質上行動範囲が制限されてしまうため、完全なCCが準備できていて、定点射撃でこなせる、という状況でもなければかなりキツイ状況になるであろうことは分かってもらえるかと思います。


■状態異常を考える

また、よくwarframeでは「クリ武器か状態異常武器以外は死んでる」という表現を聞くことがありますが、

個人的には「状態異常武器も死んでる」と思ってます

一般的に「状態異常武器」として引き合いに出される状態異常は、腐食、放射線、感染の3つです。

腐食
敵のアーマーの現在値を25%カットする。重複可能で8回重複させれば90%以上カット出来る

放射線
敵を混乱させる。混乱した敵は他の敵を攻撃する以外にも、他の敵のターゲットにもなるので意外と戦場を掻き回せる

感染
敵の最大HPを半減させる。6秒持続だが重ねがけで時間延長。現在の仕様では何回重ねがけしても50%以下には減らない。



腐食は中級者にとってはほぼ必須の状態異常で、高レベルヘビーガンナーのような高アーマーの敵はアーマー値がアホみたいに高く、

対策なしでは実に95%以上のダメージをカットしてきます。

そのため、このアーマーを削れる腐食はかなり有用であるように言われていますし、実際最初は間違いなく有用です。

ただ、アーマーを十分に削る(8回重複させる)にはそれなりの弾数を単体に撃ち込む必要があり、

仮に8回腐食を重ねるのに2秒かかってしまうのであれば、そこから敵を倒しきるのにさらに数秒を要すことになります。

さらに言えばヘビーガンナーが5匹とか押し寄せてくるといった大量の敵の前では正直アーマーを削る余裕はほとんどありません。

状態異常に特化させるということはその分攻撃力上昇のMODを刺せなくなるので、必然的に攻撃力の天井も低くなり、

パーティメンバーの攻撃力に依存する割合が大きくなってしまいます。

セカンダリに持ち変える、という手もなくはないですが、このゲームの持ち替えは1秒近くロスが出るため、

アーマー削る>持ち変えて倒す>また持ち替えてアーマー削る>また持ち替えて…っていうのは現実的ではありません。

また、腐食の状態異常が高レベルでは重要視されないもう一つの理由としてCorrosive ProjectionというオーラMODの存在があります

これは装備するだけで敵のアーマーを減少させるという効果があり、パーティ4人で装備すると、腐食を使うまでもなく敵のアーマーは0です。

コロッシブ4枚装備は長時間に篭る上ではほぼ必須装備のため、腐食が役に立つ場面は必然的に少なくなってきてしまいます。


放射線はかなり有効な状態異常ではありますが、混乱の仕様はそもそも万全の状態異常ではなく、

混乱している敵から自分やパーティメンバーも普通にターゲットされる事もあるため、CC用としては決して安心しきれるものではありません。

後半は1発カスったら即床ペロコースなのでなおさらです。

さらに言えば、武器の状態異常という性質上、着弾させないとそもそも状態異常は出ないため、

必然的に射線の通っている前面の敵にしか効果がありません

これならCC用のスキルをポチっとボタン1つで使った方がよっぽど楽で安定します



また感染は非常に強力ですが正直重複発動のメリットが極端に少ないのも問題です。

状態異常武器を名乗る以上は状態異常率に特化させるわけですが、100%の状態異常で感染を100回ばらまいても敵のHPは半減止まりで、

正直1回発動させれば割りと十分だったりします。そのため、通常の編成で感染出たらラッキー、程度で考えておくのが無難といえば無難です。



このため、突き詰めて状態異常武器を使うなら実は腐食という選択肢はそもそもなく、

放射線と感染を大量の敵に一気にバラまく、といった運用しか生き残りの道はないと思ってます。

この場合は範囲攻撃かつProcの高いAMPREXが相性がいいかと思いますが、これはあくまでも他のCC手段がある上での補助といった使い道が基本になります。

LOKIのディスアーム、NOVAの鈍足等と組み合わせると強いんじゃないでしょうか。

※DREADのような超ダメージのアーマー無視切断DOTなどは強いですが、DREAD自体が状態異常武器ではなくクリ武器の分類かと思われます

まぁ要するに状態異常ビルドは非常に場面を選ぶため、

クリ武器と横並びにして強武器扱いできるほどのものではない、ということです。


■結論何が強いのか

ということで個人的な強武器の条件は

 ・DPSの内訳では連射速度よりも単発火力が高い(=弾持ちがいい)ほうがいい
 ・クリティカル率、クリティカル倍率が高い

というのがまず絶対条件で、その上で

 ・ある程度連射が効く、即着弾である、息切れしにくい(マガジンが多い、リロードが短いなど)といった使い勝手面が自分に合ってる
 
という面を考えていくといいと思います。

チャージが好きな人もいるでしょうし、偏差射撃が得意な人もいると思うので。


で、長々書きましたが個人的な強武器はこんな感じです。



Latron系列
 ・Prime:クリ率はやや低いのである程度まとめて撃ち込む必要があるが単発火力や倍率、弾持ちの良さ、即着など使い勝手がいい
 ・Wraith:ラトプラよりも単発火力が下がっているものの、クリティカル率では上回り、秒間連射速度も高いため総合的なDPSはこっちのが高い
 


弓系列
 ・DREAD:切断よりの弓。クリ100の超火力HSで高レベルも一撃必殺が心情。切断DOTもすごく強い
 ・ParisPrime:貫通よりの弓。アーマー持ちにボーナスが入るが、こちらは切断DOTはない

スナイパー系列
 ・VICTIS:ChargedChamber等と相性がよく、即着で非チャージ式のため実はかなり使い勝手いいです。

------越えられない壁------

AMPREX:幅広いビルドが可能で状態異常特化やクリ特化も可能で自傷なしの範囲攻撃が可能など非常に強い武器。ただし弾持ちが極端に悪く、垂れ流しではギア風呂必須
SOMABOLTOR PRIMEGRAKATA:個人的に横並びの3者。クリHSやマガジン容量、リコイル安定性に特化したSOMA、基礎ダメ特化で雑魚刈りに向くボルプラ、状態異常とクリビルドで意外と戦えるGRAKATAって感じ
Quanta:基礎ダメが高く照射系とは思えない射程の長さ、さらに爆弾設置で瞬間火力も出せるいい武器だがクリティカル回りが如何せんしんどい


まぁ他にも強い武器はたくさんあると思いますが、

一般的に「強い武器もってこいよ(´・ω・`)」っていう場面でこれ装備しとけば大体OKかと思います。

もちろん局所的に強い武器とか、使い勝手度外視で火力の高い武器とかもあるので、あとは自分との相性で好きな武器があれば突き詰めてみればいいかと思います。

SYBARISとかもすごくいい武器ですしね。僕はバースト嫌いなので使ってないですが。

ちなみに僕は

ガチんこで行く時
 LatronWraith

周回楽したい時
 Quanta
 Amprex

って感じで使ってます


雑魚狩り特化のIGNISとか、状態異常でヒャッハーしたい時のBoarPrime、触手がキモカワなPhage、DSSで脳死プレイ出来るTORIDとかもお気に入りですけどね!

まぁこの辺はほんと趣味で選んでOKです。

昔は強かったPENTAOGRISは弱体化と感染体強化によって現状産廃ですのでご注意を(´・ω・`)


Comment & Trackbacks

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. (名無しのプロゲーマーさん)
    • 2016年07月03日 12:42
    • 5 VICTISじゃなくてVECTISやで
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

関連記事

新着一覧