カテゴリ:   アズールレーン
タグ:

はいどうもぼくです
ということで今日は軽巡主砲のお話を。

軽巡主砲と言えば榴弾のベルファスト砲こと155mm三連装砲T3か、徹甲弾なら150mmTbtsKC/36連装砲T3みたいなとこあるじゃないですか?
ぼくはね、152mm連装砲T3Bを推したいと思うわけですよ。

こいつ
B4CFCBA4A5EAA5B9A5C8_3135326D6DCFA2C1F5CBA45433422E706E67

いやまぁ決して評価されてないわけではないけど。
もっと評価されてもいいと思うんです!!
これ強いだろ!!ねぇ!!!

■カタログスペックの比較

ということで単純な数値比較です。(wikiより)

名前 +10威力 +10攻速
(s/回)
拡散範囲 火力 弾薬
150mmTbtsKC/36連装砲T3 21x4 3 20° 25 徹甲弾
152mm連装砲T3B 22x4 3.39 28° 25 徹甲弾
155mm三連装砲T3 18x6 4.12 24° 45 榴弾

はいということでwikiから分かる情報はこんな感じですね。
射角とか射程は全部一緒なので割愛してます。

ここで単純に威力×弾数の瞬間火力と、それを攻撃速度で割った秒間のDSPを出してみます。

名前瞬間火力DPS
150mmTbtsKC/36連装砲T38428
152mm連装砲T3B8825.9
155mm三連装砲T310826.2

瞬間火力ならベルファスト砲がブッチギリ、DPSなら150mmTbtsKC/36連装砲T3に軍配が上がってます。わいの推しメンである152mm連装砲T3Bはイマイチ振るわないですね(*´з`)

まぁ乱暴に四捨五入しちゃえば152mm連装砲T3Bと155mm三連装砲T3はほぼ同値のDPS26になりますが、ベルファスト砲は別途火力+45もついてくるので、実際この2つと比べるとカタログスペック的に劣ってくるのは否めない感じですねぇ。

■キャラのステータスもろもろ考慮した比較
ということでちょっとばかり乱暴なカタログスペックの比較をしましたが、
実際にはキャラの装填値によって実際の射撃速度は変化するので、その辺を加味してもう一回比較してみます。

仮に装填230の軽巡キャラで使う想定で計算してみます。
※クリーブランドに装填機構つけたら大体これくらいなので。

【実際の射撃速度】
射撃速度の式はwikiによると
装備速度x(200/(装填値+100))^0.5
で装備時の速度が求められるらしいです。

んで、さらに上記の式にかかわらず、実際には主砲発射ごとに約0.1秒のディレイが発生し、打ち切ってからリロードが入ります。これは装填値を含む装備時のステータスには左右されないとのこと。
※この主砲発射時のディレイは駆逐艦主砲の100mm二連装九八式高角砲T3なんかを使うとわかりやすいですね。例えばエルドリッジに装備させてステ表記上の攻撃速度が0.8s/回だとしても、8秒ごとに全段発射が撃てるかっていうと決してそんなことはない。

ということで上記もろもろを考慮すると…

150mmTbtsKC/36連装砲T3 (2発×2射)
カタログスペックはLv10で3.00秒
装備後の数値は2.33秒
※2連射なので+0.1+0.1で2.53秒
実際のDPS33.12

152mm連装砲T3B (4発×1射)
Lv10で3.39秒
装備後の数値は2.63秒
※1連射なので+0.1で2.73秒
実際のDPS32.12

155mm三連装砲T3
Lv10で4.12秒
装備後の数値は3.20秒
※2連射なので+0.1+0.1で3.5秒
実際のDPS31.69

という感じになり、火力補正はともかく武器のスペックだけで見れば、152mm連装砲T3Bがベルファスト砲をちょっとだけ上回ってきます。※火力補正を考えるとベルファスト砲の方がまだちょっと強いですけどね。

同じ徹甲弾どうしで比較すると、単純なカタログスペックだと150mmTbtsKC/36連装砲T3152mm連装砲T3Bの間には約7.8%ほどのDPSの開きがありますが、実際にはその差は3.1%まで縮まります。

■徹甲弾の魅力はやはりAoEだと思うんです
さてそもそも論的に榴弾 or 徹甲弾ってどっちがいいのか?
という議論があるわけだけど、ゲームのTIPSで語れる特徴としてざっくり
・軽装甲に強く、重装甲にも弱い榴弾
・軽装甲に弱く、重装甲に強い徹甲弾

という分類がされてるわけですが、まぁこれは属性みたいなもんで相性の話なのでどうでもいいとして、ここにはもう一つ
・DoTで総合ダメージを伸ばせる榴弾
・敵を貫通して後ろの敵にもあたる徹甲弾
という分類がなされます。

なのでずばり徹甲弾の強みとは「後ろの敵にもあたるAoE的な使い方が出来る」というのが最大の強みといっても過言ではないでしょう。

そこでAoE武器として考えると
150mmTbtsKC/36連装砲T3はほぼ直線上に飛んでいくため、基本的には「直線貫通攻撃」として使います。まっすぐ並んでいる敵を打ち抜く場合には最大の効果が得られる感じですね。

対して152mm連装砲T3Bは扇形に飛んでいくため、後方の敵に対しての有効範囲がとても広いです。

この扇状の範囲というのがまた絶妙な狭さで、中距離ならボスに全弾打ち込めて、後ろの敵には拡散して当たる、という素晴らしい角度になっています。


例えばこのくらいガッツリ離れてて単体のボスに射撃したとしても
1

2

3

4

こんくらいガッツリ離れてて3本あたる感じ

dmg

3枚ダメージ出てるね!
これより近ければほぼ4発当たります。

つまり152mm連装砲T3Bは「範囲攻撃が強い武器」でありながら「単体へのDPSを両立した」最強主砲だと言っても過言ではないということ…!!!

■ということでまとめ
150mmTbtsKC/36連装砲T3
強み
・拡散範囲が狭く、ほぼ直線に飛んでいくため、中~遠距離で安定したダメージが狙える
・単体相手なら軽巡最高のDPSを誇る
弱み
・AoE武器として考えると直線貫通攻撃に限定されるのでややしょぼい
・全段HIT or 全外しなので、動き回る敵(特に演習)で外した時の隙が大きい

152mm連装砲T3B
強み
・近~中距離なら、単体相手でも150mmTbtsKC/36連装砲T3とほぼ同レベルのDPSが出る
・拡散範囲が適度に広いので、動き回る敵に対しても全弾外すことが少なく、安定したダメージが見込める
・複数の敵を巻き込みやすいので、結果的に1射あたりで与える総ダメージが高い
・自爆艇のようなカス当たりで倒せるような敵は、AoEで安定して処理できる
弱み
・中遠距以遠で全弾着弾できない場合はDPSががっつり下がる。とは言え少なくとも2本はあたる(1本しか当たらないってケースはほぼない)ので、安定感は高い

155mm三連装砲T3
強み
・ベルファストのバフが乗る
・装填速度を考慮しない弾数×威力の掛け算なら最高値なので、副砲の装填速度がそこまで重要視されない戦艦にオススメ
・火力45
弱み
・拡散範囲に対して同時発射数が少なく、全弾ヒット可能な有効射程が短い
 ※なので中央の1本しか当たらないような距離感だと苦しい。中央1本HIT or 3本全HITの極端なばらつきがあるので安定感に乏しい。貫通もないので炎上が出ないと結果的にDPSで負けてしまいがち。
・装填速度が遅くやや、小回りが利かない

はい。
ということで強いのか弱いのかよくわからない武器紹介になってしまいましたが。

まとめると「近距離なら最高クラスのDPSが叩き出せて、ちょっと離れれば範囲攻撃武器としても便利」というわけですよ。

強いので使おうね!!!!(書くの疲れた感)

Comment & Trackbacks

コメント
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

関連記事

新着一覧