カテゴリ:   アイアンサーガ   ■アプリ全般
タグ:

どうもわいです。2記事目!これもちょっと古いのですが、せっかくなので…。

=========================

最近まじで勝てなくなってきたので、もういい加減趣味編成に走ろうかと目論んでいます(*'ω'*)

とりあえず能登真美子オンリー編成を組もうと試みてはいますが、ちょっとまだこれは表に出せる状態ではないからね…全員★10にしたらブログかきまっしゅ。能登編成で1位取ってやるからな…見とけよ~~~~~

ということで、今回はブレイブイベントの配布機体「爆破戦士改」をどうにかうまいこと使えないかなぁと色々と試行錯誤した記録を残してみます。

まぁまぁダメージは出る
Screenshot_20190311-100407

ちなみにこれまでのアイサガのイベント配布機はスイカリーパー、スイカシューター、ダークリーパー、ICEY-X、デーモンブレード、パンダトール、などなど、いずれも「普通に使えば中の下から中の中くらいだけど、編成かみ合えば強い(ことがある)」っていう機体ばかりです。なのでわいとしては爆破戦士改君も夢とロマンが詰まってると、そう思うわけです

高級・WCともに何回か使ってみますが、挑むときは何でか勝てるけど防衛に置いたら勝率0、という悲しみを背負っています。きっと何かが違うんだろうなぁ。

■爆破戦士の強み!

と思われる部分(*'ω'*)

①機体行動のCTが異常に早く、武器連動型の行動が多い
通常格闘の連続破壊はCT2秒と遅いんだけど、それ以外の行動が異次元に早い。
最強行動の建築物破壊ですら、わずか6秒で撃てる。

爆破戦士はぱっと見、大量の単発武器に目がいきがちよね。こんな沢山使いきれるか…?スーパー冷却か…?みたいな。けど実は爆破戦士の攻撃系の機体行動は全て「武器を連動して使う」という特徴があって、大量の武器はこれ用だったんだ...って感じです。
もちろん武器単体でも使えなくはないですが、多分DPS下がります。なのでぶっちゃけリロードは一切上げないほうがいいです。要は「多数の武器を機体行動で使いまわしてダメージを稼ぐ」という機体なわけですね。

この武器連動型の機体行動は、いずれも「対象の武器がリロード未完了でも、機体行動時に即時にリロード完了する」という特徴があり、極意や伝導コア、黒白くん等で機体行動を短縮すると、イチイチリロード上げなくても武装をガンガン使いまわせるわけです。

【剛力掴み投げ】CT4秒
掴んで3回叩きつけるやつ。武装の太陽閃光灯がセットで使用され、全部で9ヒットする。全部通常属性。投げ特化の玄武改ですら軒並み投げ技は12秒、20秒、18秒と非常にCTが重い中で、この軽さはとても魅力的
※アスタロスASも2種の投げは8秒、9秒
※一応、竜胆改みたいな遠距離機体の持ってる自衛技「近接猛虎投げ」もCT4秒だけど、近接機でこの短さはとても貴重
※投げ無効の敵は当然だけど投げれないので注意されたし

【盾砲突撃】CT4秒
短距離を突進しながら主砲「盾式爆破スピア」を2門同時発射する反撃系の行動。
盾式爆破スピアはCT5秒だけど、この機体行動のCTは4秒なので、実質武器側のCTは飾り。
突進部分にも通常属性の攻撃判定があり、全部あてると通常2ヒット、爆発2ヒットの計4ヒット
敵に耐性がなければノックダウンも入るイケメン。ただなかなか当たらないので過信は禁物なやつ

【ドリル爆破】CT7秒
ドリルでグリグリしつつ「巨龍ドリル」「盾式爆破スピア」の2種4門の主砲を一斉射する機体行動。
ドリルの代名詞ともいえる機体「ネロ」の螺旋爆裂ドリルが7.7秒なのに対し、こちらは10%早い7秒。
※ただネロのは投げ判定で、こちらは格闘判定なので、一概にどっちが優れてるとは言えない。
※ちなみに高速装填装置で巨龍ドリルの弾数が+1されている場合、ちゃんと2発とも連射するので、合計3発撃てるぞやったね

【建築物破壊】CT6秒
体当たりしつつX型地雷と盾内蔵式スピア2門を打ち出す。
戦闘開始直後に突進するのはこれ。移動スキルも兼ねてるのかもしれない。悲しいほど突進距離が短いので移動スキルとしてはクソ。
※X型地雷は圧縮散弾などで弾数を増やしておくと、一気に全部撒ける。
※余談だけどクルスのオマケの一発でさらに倍ドンして12発にしても即リロード完了+全部撒き切るので、実質リロード6秒で12発の地雷が設置可能という地雷編成には面白いやつ。

②ながらメンテナンスで比較的事故少なめ。安定感はある
ハードシェル環境においては単純に許される被弾数が1.5倍になる。
めまい防止はおまけ感強いが、青パーツのベアリング1個でめまいに耐性がつくのは何気に便利。

③「三重の守り」が意外と使いやすい!
四神シリーズの時は正直ゴミカス武器だと思ってたけど、環境の変化によるものか、改めて使ってみるとこれとっても便利(*'ω'*)
ケーブルさえ繋いでしまえば、敵が後衛に瞬間移動で絡みに行っても中央に引きずり戻せるので、SINⅢだとかメフィストみたいな戦場を縦横無尽に動き回る機体が増えたせいで、相対的に使いやすくなったのかもしれない。まぁ安定性で言えばそこまで高いわけではないですが、ワンチャン後衛を守れるってのはデカいです


■爆破戦士の弱み

①機動力のなさ
ダッシュ系や瞬間移動系のスキルがないため、とにかく接敵が苦手。まぁ建築物破壊が実質移動スキルみたいな使われ方をするものの、正直微妙。一回接敵さえしちゃえば、三重の守りや巨龍ドリルといった「敵をひっぱる」系の武器によって粘着は比較的得意。…なんだけど、いかんせん開幕の接敵が非常に遅く、他に機動力に優れた前衛機体を採用して画面中央で先に会敵してもらうようにしないと、後衛が事故ります。同じ理由でこいつで挑発してタゲを取ると、戦線が自陣深くになりがちで、結構厳しい。

②回避力のなさ
メフィストとかSIN3に代表されるように、最近の環境における近接機は基本的に「軽減して耐える」よりも「当たらなければどういうことはない!避ける!」方が強いケースが多いです。そんな中、こいつは回避系の行動は格闘回避1種のみで、カウンター発動の盾砲突撃は回避力に優れるものでもないので、被弾量が必然多め。機動力のなさも相まって、大火力の攻撃をまともにもらうと思ってるよりはるかに速攻で死ぬ。副官でタゲ切るとか、ペットのラスで一旦緊急回避を入れる、等の工夫が必要かも

③格闘機体なのに第一武器が主砲
専心乗せても巨竜ドリルにしか効果が乗らないので注意が必要

なので、総評としては
・貼り付ければ強いが、貼り付く手段に乏しい
・一見タフなタンク枠だが、挑発等でタゲは取らないほうがよさげ
と、なかなか癖のある性能です


■編成の試行錯誤アレコレ

強いかどうかはともかく色々試したやつ。
今のところ使うならこれかなぁって思ってるのは神皇、瞳が無難なところで、大穴狙いでスロカイあたり。

クルス
X型地雷が散弾ミサイルなのを生かしたやつ。圧縮散弾を併用すれば地雷が12発になる。
6秒おきに使える建築物破壊で連動して使用するため、実質リロード面でのデメリットなしでバンバン地雷が置ける。面白いんだけど「クルス前に出すってマジ?」みたいな気もするので多分ダメ。やるなら副官か

フリーズ
散弾系の発射数が確率で3倍に増えるやつ。X型地雷とか三重の守りが3倍ドン狙える。
なおクルスメインなら副官フリーズつけれるので、3倍が発動すると地雷の数が半端じゃないことに。
まぁでもこいつも「フリーズ前に出すってマジ?」みたいな気がするのでダメ

スノー、ヴェロニカ
ドリルとか突進とかやたら格闘連動スキルの発生判定が多く、本体の火力を軽く上回る超威力の連打が出来る。出来るが…。副官でいいかなってやつ

ナナ
投げ技で電磁属性のダメージ判定があるビリビリが出る。
なんとナナは技術が積めるのでコールドエッジとか気刃と併用できる。
ただ投げは1種のみなのでそこまでではない…か?

リンダ
残念ながらドリルは大きくならない。

宏武
しっかり早くなるけどそんなに影響ない

スロカイ
巨竜ドリルが7倍に。すげぇ咆哮を使うと巨竜ドリルが7倍拡散するんだけど、これがすごい謎な挙動をする。残弾数的な意味で。まぁ残弾が-1になったところで機体行動で即リロするので問題なし。意外とかみ合ってる気がする。不思議構成

レイラ
巨竜ドリルとかがちゃんと拡散する。だから何だって感じ。

マリル
巨竜ドリルとかがちゃんとデカくなる。だから何だって感じ。

もともと短い機体行動のCTを極意でさらに短くしつつ、3回自爆と地雷まき散らしでキャッキャする用。まぁ普通に悪くないと思われる。

バモフ
同じく極意持ち。高速関節で連携がスムーズになってカッコイイ。生存本能でタフさも補えるし意外と良さそう。こいつで防御副官にバリアとか底力つければいいんじゃね。

神皇
フレームで実質耐久値+50%、さらに自前のスキルで+75%なので実質耐久値235%になる。耐久ガン積みしつつ対爆射装甲+GM01にすると、とてもタフネス。ラスでタゲ切までしとけば普通に強い

ベカス
大量の武器をフルファイヤで一斉発射しつつ、不屈で耐えれる構成。割とアリでは?って気もする

ウッド
単発武器が軒並み+1されるので機体行動の威力がドカンとあがる。高速装填装置と組み合わせれば巨竜ドリルは4発に!機体行動1回で全部撃ち切るのでドリル連打が出来る。強くはない

Comment & Trackbacks

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. (名無しのプロゲーマーさん)
    • 2019年03月16日 15:42
    • 5 参考にさせていただいてます
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

関連記事

新着一覧